UCV 上田ケーブルビジョン

0120-160-074 営業時間 9:00〜17:00(日祝休)

UCVの番組

ハツラツ人生

番組では、文化活動やスポーツなどに打ち込み、元気に活躍する高齢者を紹介します。
青春をおう歌する人たちの思いや長寿の秘訣をお聞きしています。

なぎなた教室 10月22日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

なぎなたは日本に伝わる代表的な武道です。上田市で活動する「なぎなた教室」は上田自由塾の講座の1つ。今年で14年目を迎える教室では、講師の柳澤喜美子さんのもと6人の女性が稽古に励んでいます。
モットーは、思いやりと礼、そして素直な心。凛としたなぎなた演武の練習の様子をご覧ください。



川西墨友会 9月10日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

上田市で活動する水墨画教室「川西墨友会」を紹介します。
さまざまな色にあふれる世界を墨の濃淡のみで表現する水墨画。会員たちは、講師の宮下寿雲(英世)さんによる「見本と同じ絵を描くのではなく、個々の得意な描画方法を生かすように」という指導のもと、制作に取り組んでいます。

敬老の日 総集編 9月17日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

9月17日の敬老の日にあわせて、過去1年間に放送した番組の総集編をお送りします。
仲間との交流を楽しみながら、見て感じたものを油絵で大切に描くグループ。タンスに眠る着物を、普段着やドレスにリメイクしてもう一度命を吹き込むサークル。地域には日々ハツラツと過ごす人がたくさんいます。ハツラツパワー全開の活動の様子をご覧ください。

布もったいないサークル 6月18日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

タンスに眠っている着物や布をリメイクする「布もったいないサークル」では、6月のファッションショーで披露する作品づくりに励んでいます。古い着物がワンピースやチュニック、はたまたイヤリングに。制作の様子からファッションショーまでを取材しました。

上田絵画クラブ 5月21日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

上田市で活動する上田絵画クラブには、70~80代の男性4人が所属しています。月に3回公民館に集まって、油絵やスケッチなどに取り組んでいます。また年に2回ほどは遠出をして絵を描く機会を設けています。趣味を楽しむメンバーの活動の様子をお届けします。

上田バドミントン教室 4月30日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

上田バドミントン教室には40代から70代後半のメンバーが所属していて、週に2回練習をしています。激しいスポーツに見えるバドミントンですが、会長の山浦さんが考案した「3対3」の試合形式は幅広い年齢の人たちが楽しめるように工夫されています。練習の様子を取材しました。

今井澄江さん 3月19日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

今井澄江さん(80歳)は50年にわたり詩吟を続けています。上田岳風会の会員として詩吟の腕を磨く傍ら子どもたちの指導も手がけ、教え子たちは毎年県の吟詠大会で金賞や銀賞を受賞しています。
今井さんの元気の源は、詩情を表現しながら歌うこと。力強く吟ずる姿をお届けします。

塩澤義國さん 11月20日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

ハ東御市加沢の塩澤義國さん(79歳)を紹介します。 幼少期からハチが好きだった塩澤さんは、働きバチの勤勉さや巣の美しさに魅了され、平成7年に、スズメバチの巣などを展示する「蜂天国」をオープンしました。 数ある作品の一つ、160個の巣を合体させた巨大な作品「ハチの富士山」は、ギネス世界記録に認定されています。

小林茂雄さん 10月23日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

坂城町在住の小林茂雄さん(70歳)はものづくりが得意で、お正月にわら細工を作ったり、所属している上田城甲冑隊で甲冑を手作りしたりしています。

甲冑隊は真田まつりの武者行列などに参加するため、毎年秋ごろから制作を始め、修正を重ねて翌年の祭りに臨みます。

ハツラツ人生<荒井潤さん> 9月25日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

上田市緑が丘在住の荒井潤さん(88)は今年米寿を迎えました。その節目に企画したのが、半世紀以上撮りためてきた写真の個展です。自身の集大成と位置づけた個展は、今までで一番規模の大きいものとなりました。 荒井さんの作品を紹介しながら、写真に対する思いを聞きました。

秩父茂子さん 8月21日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

東御市在住の秩父茂子さん(88歳)は、書道歴48年。6月には、米寿の記念として初めて個展を開きました。また、自宅で開いている書道教室では、約30人の子どもたちに教えています。 書道をたしなむ仲間たちと一緒にさらに腕を磨き続ける秩父さんを、作品とともに紹介します。

近藤義子さん 6月19日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

スポーツや芸術など、地域で活躍する高齢者を紹介します。 上田市真田町在住の近藤義子さんは90歳。地元のホームセンター「駒屋商店」で、現役の従業員として週に3日働いています。いつもニコニコ、お客さんに商品だけでなく笑顔も届けている近藤さんに、元気の秘訣と駒屋商店で仕事を続ける思いを聞きました。

信州雷電の里相撲甚句会 4月17日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

東御市内外で活動する、信州雷電の里相撲甚句会の面々です。相撲甚句とは、主に大相撲の巡業などで披露する五七調の甚句のこと。甚句会では、 現在甚句会は会員は7人。地域の式典や祭り、観光列車ろくもんでの客のお出迎えなど、さまざまな場所で活動しています。 今年は東御市の名力士雷電為右衛門の生誕250周年の節目の年でもある今年は、ますますの活躍が期待されます。

生島長宏(おじまながひろ)さん 3月20日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

上田市浦野在住の生島長宏さん(75歳)は、主に都会から浦里地域へ移住する人を支援する「浦里希望の泉プロジェクト」のリーダーをしています。また、地元の有志でつくる太鼓団体「東山道浦野宿勇太鼓」に所属して日々演奏の腕を磨いています。 まちづくりを進め、後進を育てながら、精力的に活動する生島さんを紹介します。

池田隆夫さん 2月20日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

池田さん撮影の写真と若い頃の池田さん

上田市国分在住の池田隆夫さん(75歳)は、別所温泉の北向観音でシャッターマンのボランティアをしています。20代からの趣味だった、写真好きが高じて7年前からこの活動を始めた池田さんは、東日本大震災の報道で瓦礫の山から写真を探す人々の姿を見て、改めて写真の大切さに気付いたといいます。 写真を通して観光客のおもてなしをする池田さんを紹介します。

富士見台茶道クラブ 12月19日(月)放送

UCV1ハツラツ人生

富士見台茶道クラブは上田市富士見台自治会の住民で構成され、現在は男女合わせて6人が所属しています。 月に数回行われる活動では、会員みんなが着物を着こなし、茶道を通して立ち居振る舞いや礼儀作法、おもてなしの心を学んでいます。

塩澤賢次さん 11月7日(月)放送

UCV1おはなしランド

上田市蒼久保にお住まいの塩澤さんの趣味は木彫りです。定年退職前に始めました。はじめは平面の木の板に絵を彫っていましたが、それでは物足りなくなり、現在は仏像彫刻が中心となりました。一心不乱に彫刻に取り組む塩澤さん。木彫りの魅力に迫ります。

※このホームページの表示金額は特別の記載がない限り税別です。

お問合せ

0120-160-074 営業時間 9:00〜17:00(日祝休)

0120-160-074 営業時間 9:00〜17:00(日祝休)